ある車買取の業者による出張査定と粘りのトラブルの一例

ある車買取の業者による出張査定と粘りのトラブルの一例

車の買取業者の中には、残念ながらちょっと問題があるやり方を採用している事があります。その1つが執拗な粘りです。
買取業者の多くは、出張査定を採用していますね。その出張費用が無料とアピールをしている業者も非常に多いのですが、中にはその出張時にやや問題がある事を行っている業者もあるそうです。

 

ある買取業者による執拗な粘りの事例

 

過去に次のような事例があったそうです。ある方がある車の買取業者に対して、査定を依頼しました。そして査定の方法は実店舗ではなく、出張だったようです。
ところがその方は業者が提示してきた金額にあまり満足できなかったので、契約はしないと伝えたそうです。その時に買い取り業者がどのような行動を取ったかというと、居座ってしまったようです。
どうもその業者としては、せっかく頑張って遠くまで出張に来たのに、車を売らないのは納得行かないと考えていたのだそうです。ですので出張費用を支払って欲しいと、頑として譲らない姿勢だったようですね。いわゆる執拗な粘りの一例です。

 

問題がある業者とその対策

 

ところで上記のような行動は問題無いかというと、大いに問題です。ちょっと法的に問題がある行為ですので、やはり帰るように伝えるのが良いですね。それでも頑として帰ら無いようであれば、ちょっと通報するのも1つの方法です
上記のようなトラブルを防止するためにも、やはり車の買取業者の営業のやり方などは事前によく調べておく方が良いですね。大抵そのような情報は口コミに掲載されていますので、業者に出張に来てもらう前にレビューなどは確認をしておくべきです
また上記の事例の場合、出張費用も1つのポイントですね。業者に査定を依頼する段階で、「たとえ断る事になっても出張費用はかからないか」等と確認をしておく事は必要だと思います。