個人間売買での車売却は順番に注意

個人間売買での車売却は順番に注意

個人間売買で車を売る時には、タイミングは大切です。特に名義変更では、順番を間違えないように注意が必要です。なぜなら順番次第では、責任問題が大きく変わってしまう事があるからです。

 

名義変更前の交通事故でのトラブル

 

例えば次のようなケースがあったそうです。ある方が、車を落札しました。ちなみにそれは個人間売買で落札をしています。
そして車の売り手は、買い手に対して車を引き渡しました。名義変更は確実に行うと約束してくれたので、問題ないと判断したからです。
ところが、問題が発生してしまいました。車の買い手が事故を起こしてしまったそうなのです。しかもそのタイミングが、よりによって名義変更を行う前だったそうなのです
このような時には、交通事故の責任問題は車の売り手に対して降りかかってしまいます。買い手が起こした事故なのに、売り手が責任を取るようになってしまうのは困りものですね。

 

車の引き渡し後に名義変更を依頼する

 

ところで上記のやり方の場合は、1つタイミングに関するミスがあります。上記の事例の場合は、車を引き渡した後に名義変更が行われてしまっていますね。つまりそれには、ちょっとリスクがある訳です。
ではどうすれば良いかと言うと、もちろん車を引き渡す「前」に名義変更を行うべきですね。タイミングを間違えてしまいますと思わぬトラブルに発展してしまう可能性があるので、ちょっと注意が必要です。
ネットオークションでの売買というのは、このように車の売却に関する知識を色々知っておく必要があるのです。ですのでオークションによる車売却は、ちょっと上級者向けとも言えますね。
ただし最近のネットオークションでは、そのようなトラブルを防止するための代行業者を紹介してくれる事もあります。多少の費用はかかりますが、後で責任を追求されるよりは代行を依頼する方が良いと個人的には考えます。