なぜ車売却でオークションの代行サービスがあまり活用されないか

なぜ車売却でオークションの代行サービスがあまり活用されないか

オークションの代行サービスは、車が比較的高く売れる可能性を秘めています。買取店に車を売る方法もありますが、あれは中間マージンが発生してしまう事が多いですね。それで買い取り金額がやや低めになってしまうのです。

 

それに対して代行サービスではマージンが無いので、しばしば高額売却が成立します。現に買取店としても、来店客の車をオークションに流している事も多いのですが。

 

認知度が低いのであまり代行サービスが利用されない

 

ところが実際に車を売却している方は、その代行サービスを利用していない事が多いそうです。代行サービスというより、むしろ買取店に売却をしている事例が多いと言われています。それは主に2つの理由が考えられます

 

1つ目の理由ですが、そもそも代行サービス自体ご存知ない方も多いかと思われます。道路を走っていれば、買取店の看板などはよく見かけますね。かなり派手に宣伝されていますので、あれは認知度はかなり高いと思うのです。

 

しかし代行サービスの場合、あまり認知度は高くありません。インターネット媒体で広告を見かける事も、非常に少ないですね。認知度の低さから、それを利用している方の人数が少ないのだと察します。

 

参照先:MINI買取

 

流札のリスクによりあまり利用されない

 

もう1つの理由は、オークションで流れてしまうリスクです。車の出品をすれば、必ず売却できるとは限りません。時には自分の設定した希望価格に届かず、いわゆる流札になってしまう事もあります。

 

その際にはオークションの代行業者に再出品を依頼する事になりますが、手数料が発生してしまうですね。その手数料が少々大きいと考えられているので、オークションで売却をしている方の人数も少ないのだと察します。買取店の場合は、流札リスクはありませんね。

 

しかし実際には再出品をすれば、かなり高い確率で落札されるようです。しかし若干の不安要素があるので、人々は買取店で売却をする方が無難と考えている事もあるのでしょう。