車買取相場を素人でも簡単に知るたった一つの方法!

行政書士に車を売る時の書類の相談をする

車を売る時には、書面は確実に必要になります。そして、書面は重要度はかなり高いですね。書類が全て残っているかどうかで、車の売却スピードなども大きく変わってくるからです。

 

それと、そもそも書面が無い事には車の買取ができないからです。オークションでも車買取店でも、書面は大事ですね

 

本人がどこかに引越してしまっている事も

 

087410.png

ところで車の売却を考えている方の中には、ちょっと状況が複雑な事もあります。そもそも上記のような書類というのは、本人名義のものが必要になる事が多いですね。印鑑証明も、もちろん本人のものが必要です。ところが中には、本人が海外などに転居してしまっている事があるのです。そのような状況ですと、なかなか書類を取り揃えるのが難しくなってしまう可能性があります。

 

本人が日本に帰国できれば良いですが、一般的にはそれは困難でしょう。書類の中には代理人で対応できるものもありますが、それも難しいケースもあるでしょう。

 

そして前述のように車売却の際には、書面は非常に大事な役割を果たします。即日売却ができる業者でも、書面が揃っていないと売却は困難ですね。

 

複雑な状況での書類に関する相談ができる行政書士も

 

087019.png

そのような時にはどのように対応すれば良いかと言うと、行政書士に代行を依頼するのも1つの方法です。実はある行政書士の場合は、そのような状況でも対応をしてくれるようですね。

 

なぜならその行政書士の場合は、車の売却に関するノウハウはかなり豊富なのです。ですので求める書類が手に入らないような時でも、上手く対応してくれるようですね。行政書士という職業は、書類のプロフェッショナルだからです。

 

このように行政書士の中には、車売却に関する相談を行ってくれる場合があります。上記のような複雑な状況になってしまっている時には、ちょっとその士業の方に相談をしてみるのも1つの方法です

オークションの代行サービスは、車が比較的高く売れる可能性を秘めています。買取店に車を売る方法もありますが、あれは中間マージンが発生してしまう事が多いですね。それで買い取り金額がやや低めになってしまうのです。

 

それに対して代行サービスではマージンが無いので、しばしば高額売却が成立します。現に買取店としても、来店客の車をオークションに流している事も多いのですが。

 

認知度が低いのであまり代行サービスが利用されない

 

ところが実際に車を売却している方は、その代行サービスを利用していない事が多いそうです。代行サービスというより、むしろ買取店に売却をしている事例が多いと言われています。それは主に2つの理由が考えられます

 

1つ目の理由ですが、そもそも代行サービス自体ご存知ない方も多いかと思われます。道路を走っていれば、買取店の看板などはよく見かけますね。かなり派手に宣伝されていますので、あれは認知度はかなり高いと思うのです。

 

しかし代行サービスの場合、あまり認知度は高くありません。インターネット媒体で広告を見かける事も、非常に少ないですね。認知度の低さから、それを利用している方の人数が少ないのだと察します。

 

参照先:MINI買取

 

流札のリスクによりあまり利用されない

 

もう1つの理由は、オークションで流れてしまうリスクです。車の出品をすれば、必ず売却できるとは限りません。時には自分の設定した希望価格に届かず、いわゆる流札になってしまう事もあります。

 

その際にはオークションの代行業者に再出品を依頼する事になりますが、手数料が発生してしまうですね。その手数料が少々大きいと考えられているので、オークションで売却をしている方の人数も少ないのだと察します。買取店の場合は、流札リスクはありませんね。

 

しかし実際には再出品をすれば、かなり高い確率で落札されるようです。しかし若干の不安要素があるので、人々は買取店で売却をする方が無難と考えている事もあるのでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/07 00:43:07

車の買取業者の中には、残念ながらちょっと問題があるやり方を採用している事があります。その1つが執拗な粘りです。
買取業者の多くは、出張査定を採用していますね。その出張費用が無料とアピールをしている業者も非常に多いのですが、中にはその出張時にやや問題がある事を行っている業者もあるそうです。

 

ある買取業者による執拗な粘りの事例

 

過去に次のような事例があったそうです。ある方がある車の買取業者に対して、査定を依頼しました。そして査定の方法は実店舗ではなく、出張だったようです。
ところがその方は業者が提示してきた金額にあまり満足できなかったので、契約はしないと伝えたそうです。その時に買い取り業者がどのような行動を取ったかというと、居座ってしまったようです。
どうもその業者としては、せっかく頑張って遠くまで出張に来たのに、車を売らないのは納得行かないと考えていたのだそうです。ですので出張費用を支払って欲しいと、頑として譲らない姿勢だったようですね。いわゆる執拗な粘りの一例です。

 

問題がある業者とその対策

 

ところで上記のような行動は問題無いかというと、大いに問題です。ちょっと法的に問題がある行為ですので、やはり帰るように伝えるのが良いですね。それでも頑として帰ら無いようであれば、ちょっと通報するのも1つの方法です
上記のようなトラブルを防止するためにも、やはり車の買取業者の営業のやり方などは事前によく調べておく方が良いですね。大抵そのような情報は口コミに掲載されていますので、業者に出張に来てもらう前にレビューなどは確認をしておくべきです
また上記の事例の場合、出張費用も1つのポイントですね。業者に査定を依頼する段階で、「たとえ断る事になっても出張費用はかからないか」等と確認をしておく事は必要だと思います。

続きを読む≫ 2015/04/01 00:32:01

個人間売買で車を売る時には、タイミングは大切です。特に名義変更では、順番を間違えないように注意が必要です。なぜなら順番次第では、責任問題が大きく変わってしまう事があるからです。

 

名義変更前の交通事故でのトラブル

 

例えば次のようなケースがあったそうです。ある方が、車を落札しました。ちなみにそれは個人間売買で落札をしています。
そして車の売り手は、買い手に対して車を引き渡しました。名義変更は確実に行うと約束してくれたので、問題ないと判断したからです。
ところが、問題が発生してしまいました。車の買い手が事故を起こしてしまったそうなのです。しかもそのタイミングが、よりによって名義変更を行う前だったそうなのです
このような時には、交通事故の責任問題は車の売り手に対して降りかかってしまいます。買い手が起こした事故なのに、売り手が責任を取るようになってしまうのは困りものですね。

 

車の引き渡し後に名義変更を依頼する

 

ところで上記のやり方の場合は、1つタイミングに関するミスがあります。上記の事例の場合は、車を引き渡した後に名義変更が行われてしまっていますね。つまりそれには、ちょっとリスクがある訳です。
ではどうすれば良いかと言うと、もちろん車を引き渡す「前」に名義変更を行うべきですね。タイミングを間違えてしまいますと思わぬトラブルに発展してしまう可能性があるので、ちょっと注意が必要です。
ネットオークションでの売買というのは、このように車の売却に関する知識を色々知っておく必要があるのです。ですのでオークションによる車売却は、ちょっと上級者向けとも言えますね。
ただし最近のネットオークションでは、そのようなトラブルを防止するための代行業者を紹介してくれる事もあります。多少の費用はかかりますが、後で責任を追求されるよりは代行を依頼する方が良いと個人的には考えます。

続きを読む≫ 2015/04/01 00:32:01

車を売却する方法は、大ざっぱに申し上げれば3通りあります。オークションの代行業者と、ネットオークションと車買取店です。その3つの方法には、難易度に関する違いがあります。

 

一番難易度が低い車買取店

 

上記の3つの中で難易度が最も低いのは、やはり車の買取店でしょう。何よりも手続きがスピーディーですね。業者によっては即日買い取ってくれる所もありますが、それは他の2つのオークションの場合は困難です。他の方法の場合は、やはり数週間程度はかかってしまうでしょう。
また車の買取店の場合は、色々な事を代行してくれるのも大きいですね。名義変更などを代行してくれるのは、やはりメリットとして大きいと思います。
ただし買取店の場合は、その分売却金額は低くなる傾向はあります。難易度は低めな半面、金額は少々安くなる訳ですね。

 

最も難易度が高いネットオークション

 

それに対して難易度は一番高いのは、ネットオークションです。その方法の場合は確かに金額は高くなるのですが、とにかく色々な工夫をしなければなりません
例えば車の宣伝をしなければなりません。比較的高い金額で落札されるように、商品説明文なども工夫する必要があるでしょう。撮影する写真のクオリティーも大事ですね。またトラブルを防止するために、色々な文面を盛り込む必要もあります。とにかく自力で行わなければならない事が多いので、難易度は少々高めです。
ちなみにオークションの代行の場合は、ネットオークションほど難易度は高くはありません。ただし最低落札額の決定が大切なので、それをきちんと相談できる業者を選ぶ必要があります。業者選別が大切という意味で、オークションの代行業者は車買取の業者よりは難易度が高いかもしれませんね。しかしネットオークションのような工夫は不要です。
ですので3種類の車売却の方法を難度が高い順に並べれば、ネットオークション、オークション代行、車買取店となるでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/01 00:31:01

人々が何かの依頼をしている時には、進捗状況というものが気になっている事が多いようです。
進捗状況とは、文字通り物事の進み具合です。車売却の場合は、名義変更に関する進捗状況が気になっている方が多いようですね。

 

車売却での名義変更の進捗状況が気になる

 

例えばどこかのお店で、車を売却したとします。売却した以上は、もちろん名義変更を確実に行ってもらう必要があります。そうでないと後になって、トラブルが発生する可能性があるからです
そしてお店から、名義変更が完了するまでの日数は3週間と伝えられたとしましょう。このような時は、やはり顧客の心境としては「名義変更の進捗状況が気になる」と思います。何せ大事な手続きですので、現在はどの段階のどの地点なのかが気になるのは自然だと思います。2週間ほど経過していれば、果たして無事に手続きが進んでいる方が気になるのも当然ですね。

 

名義変更の状況を詳細に報告してくれる業者も

 

ところで業者によっては、その状況を細かく報告してくれる所もあるのだそうです。ある方はあるお店で車の売却をしたのですが、そのお店はかなり親切だったようですね。
そのお店では、名義変更は数段階の流れがあるのだそうです。「現在は何段階目なのか」も確認できますし、その段階のどこまで進んでいるかも全て確認できるようになっているそうです。その顧客としては、進行状況が良く分かるのでとても安心できたようですね
このようにお店によっては、手続きの進捗状況を細かく報告してくれる所もあります。それは安心感にもつながると思いますので、できれば「進捗状況を詳細に伝えてくれる業者」を選ぶのが良いと思いますね。
ちなみにお店が進行状況を伝えてくれるか否かは、利用者によるレビューや口コミなどで確認できます。

続きを読む≫ 2015/04/01 00:30:01